Twitter  ims_nakamura

研究概要

 

私たちのグループでは、電子スピン共鳴(ESR)や核磁気共鳴(NMR)を主たる実験手法として分子性物質の研究を行っています。物質の示す性質の起源に迫る物性物理分野の基礎研究を行うとともに、新しい分子性物質の機能性を物質分子科学の観点から探索しています。磁気共鳴は、物質中の電子スピンや核スピンを探針(プローブ)として物質の電子状態や構造情報を得る分光計測手法です。私たちは独自に改良した固体幅広核磁気共鳴装置や、分子研が世界に誇るパルス・強磁場を用いた最先端の電子スピン共鳴装置を利用し、研究を行っています。

 

主な研究テーマ

 

a) 磁気共鳴法による有機導体・低次元スピン系の電子状態理解

有機導体・低次元スピン系の特異な電子状態に興味を持ち,磁気共鳴測定を行っています.一次元電子系の競合電子相の起源に迫るために,4GPaに迫る系統的な超高圧力下のNMR(核磁気共鳴)測定ならびにパルスESR(電子スピン共鳴)を行い,リエントラント反強磁性相や量子臨界点の是非,電荷秩序相と基底状態の相関について基礎物性研究を行っています.

 

b) 新規機能性物質の電子状態解明と機能性探索

太陽電池や分子デバイス,機能性錯体や触媒などの機能や物性起源を理解するために,微視的な観点からその電子状態や動的挙動を調べています.極端条件下でのNMR,強磁場や光誘起ESRを駆使して,通常の計測法では理解出来ないような詳細な物性機能解明を目指し,物質開発研究者へ支援を行っています.ています.

 

c) パルスおよび高周波ESRを用いたスピン科学研究の新しい展開

分子研所有のパルスおよび高周波ESRを用いて,高分解能ESR・高エネルギー特性を利用した複雑なスピン構造の決定,多周波領域にわたるスピンダイナミクス計測といった種々な点から,スピン科学研究展開を行っています.Q-band(34GHz)の多重パルスシステムも稼働しています.今後さらに,我々のグループだけでなく所外のスピン科学研究者と連携を取り,パルス・高周波ESRの新たな可能性や研究展開を議論し,大学共同利用機関である分子研からのスピン科学の情報発信を行っていきます.

 

 

 

分子科学研究所公式webサイトでの研究紹介ページもご覧ください.
http://www.ims.ac.jp/know/material/nakamura/nakamura.html

自然科学研究機構 分子科学研究所 物質分子科学研究領域 電子物性研究部門

住所: 〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38

電話: 0564-55-7381(中村) FAX: 0564-54-2254(共通)

e-mail: t-nk@ims.ac.jp

Copyright © 2013 Institute for Molecular Science Nakamura Group all rights reserved